レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックにおけるリスクを理解しよう


レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。




レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:10 5 18

俺達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたが子どもができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの父母も、
段々と子どもの話題を
俺達の前で出さないようになっていきました。

当時の俺は、実のところ、
子どもが欲しいと思っていませんでした。

小さい子どもをどう扱っていいかわからなかったし、
何より、子どもが生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
子どもが欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった父母には
俺達子どもの面倒をみる余裕がありませんでした。

それを子ども心に
「父母に愛されていない俺は、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
子どもを愛さない父母はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
子ども達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分の子どもがいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
子どもを妊娠したと嫁から報告を受けたのは…

嫁は電話口で泣いていました。
今振り返れば、嫁もまた、俺と同じように自分を責めていて、
俺の思いは知らぬ間に嫁の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。

レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックにおけるリスクを理解しよう

★メニュー

レーシックには保証制度もある
レーシックの紹介制度を有効活用
なんと交通費を貰えるクリニックもある
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術があなたの為に出来ること