レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第


レーシック後の視力維持は本人次第
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。




レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:29 10 18

「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
身体が熱を作り出せず、体温が下がり、
身体が冷えているんですね。

そうなると身体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
身体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
身体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
身体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
シェイプアップが上手くいくはずもないですよね!

だから、シェイプアップを成功させるには、
身体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

身体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、ふくらはぎがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

あたしは、むくみを解消するために
連日、軽い運動をするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、脚を少し高くしていますし、
脚の付け根や膝の裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。


レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

レーシックには保証制度もある
レーシックの紹介制度を有効活用
なんと交通費を貰えるクリニックもある
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術があなたの為に出来ること