レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。





スマートハウス
URL:http://www.nichiei-group.co.jp/construction/
スマートハウス


レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:19 10 18

子どもの肉体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食事が来るはるか前に腹が空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

9時食後の午前10時頃や、14時食後の午後3時頃は、
子どもにとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるために腹が空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

子どもにおやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食事の時間になっても血糖値が下がらないので、
腹が空かなくなってしまう…

そのため正規の食事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでも子どもは全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家の子どもたちはスナック菓子が大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。