適性検査を受けてからレーシック

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



- お勧めサイト情報 -

メール便
URL:http://postmail.co.jp/
メール便のコツ


適性検査を受けてからレーシックブログ:20 2 19

肥満体質の人の食生活を見ると、
いきなり果物から食べている人がいます。

「一番おいしいものは一番最初に食べたい!」
食への素直な気持ちの表れなのでしょう。
その気持ちはわかります。

食後のチーズケーキ、食後のアイスキャンディーなど、
甘くておいしい果物は、一番最初に食べたい…

しかし、その素直な気持ちは抑えて、
やはり果物を食べるのなら食後にしましょう!

食べるのなら、
主食の前も後も関係ないと思うかもしれませんが…
実は大いに関係するのです。

果物はほんの少量でも、高カロリーです。
糖分の吸収も早いため、すぐに満腹を感じてしまい、
果物を食べ終わったころには
「もう主食はいらない」と食欲が減退してしまうのです。

果物だけ食べて、主食を抜いてしまう可能性が強くなる…
これでは本末転倒です。

本来、食べておくべき主食を後回しにすると、
逆に食べられなくなってしまう可能性が強くなるのです。

しかも、砂糖ばかりがたっぷり含まれ、
ビタミンやミネラルが含まれていないので体にもよくない。

やはり果物は、食事の最後に食べるのがベストなんです!

昔から「果物は食後」と言われています。
なぜ果物は食後にするべきかというと、
お腹いっぱいに食べさせないようにするためです。

食事をしっかり食べれば、
果物を食べようとする食欲が減退して
「もういらない」という気持ちが大きくなります。

お腹が膨れて「もういらない」と省くのなら、
主食ではなく果物にするべきなんです。

果物は抜いても大きな問題にはなりませんが、
主食を抜いてしまうと大問題です。

そうならないためにも
「果物は食後」というのは理にかなっているのです。